リサイクルトナーとは

トナーとは、レーザープリンターやコピー機で使用される、インクの役割を持つもので、英語のTONE(色調)からこう呼ばれるようになりました。

ミクロサイズの粒子で静電気と熱によって紙に印刷されます。

インクジェットプリンターで使用されるインクカートリッジ同じように、トナーも専用のカートリッジの中に入れられて使用されています。

リサイクルトナーとは、トナーが無くなったトナーカートリッジを再利用するという意味の言葉で、トナーカートリッジを回収し、汎用トナーを充填し販売されている再利用のトナーカートリッジを指しています。

インクジェットプリンターでは、この汎用インクカートリッジを使用したり、直接使用者がインクを注入し再利用したりすると、プリンターに不具合が起こる場合があり、プリンターメーカー側からは同じメーカーで作られた純正と呼ばれるインクカートリッジの使用を推進しています。

リサイクルトナーでは、インクカートリッジとは違い使用者がトナーを注入したりする事はできないため、販売する企業が、回収されたカートリッジを再利用しトナーを挿入してリサイクルトナーを作っています。

こうして作られたリサイクルトナーは、再利用のために純正品と比べると値段が安いため、利用する側にとってはとても助かる商品ではありますが、インクジェットプリンターと同じように、繰り返し使用する事が、レーザープリンターやコピー機本体に対する影響が出る可能性もあり、問題視されています。



■関連リンク
純正品と比べると値段が安いリサイクルトナーの通販サイトです → リサイクルトナー 通販サイト

Copyright © 2014 リサイクルトナーを使用するとき All Rights Reserved.